読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャロゴーリ四天王の陰謀

気まぐれにポケモン

S15使用構築 最高&最終レート2004 [マン★マン★ロトムナットバシャニンフ]

どうも初めまして、よっちゃんと申します。

唐突ですが、今回からブログを始めさせて頂きます。

S15で使用した構築の紹介となります。

 

最高&最終レート2004  最終順位513位という結果でした。

170戦103勝67敗

トレーナーネームが違うのはROMが先輩から借りパク借り物だからです。

f:id:this-is-anfield-ynwa7:20160518194151p:plain

_人人人人人人人人人人人人人人人_
> ありきたりなマンダマンムー <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


もともと、私はめんどくさがりで準伝の厳選を殆どやってません・・・
準伝なしでも組めて、そこそこ強いってとこからこの並びを使うことにしました(適当)

構築解説
特に詳しい解説はありません。
相性の良い、マンダマンムーミトムまでが確定で、サイクル向けで
なおかつ、鋼のストッパーということでナットレイ
ここまでで、パーティの素早さのラインが遅く、ポリクチに蹂躙されてしまう
パーティのため、メガバシャーモを採用。
さらにもう一匹はウルガモスを採用していたのですが、現環境では
舞える機会が非常に少なく、安定性がないことからサイクル厨のわっきぃさん
のパーティを参考にニンフィアちゃん(♂)が加入することになりました。

個別解説

メガボーマンダボーマンダナイト 慎重

f:id:this-is-anfield-ynwa7:20160518195116g:plain

実数値:201(244)-166(4)-151(4)-×-152(228)-144(28)

技構成:空元気/捨て身タックル/竜の舞/羽休め

特性:いかく→スカイスキン

耐久にガッツリ振ったボーマンダ
火力はほぼ無振りだが、一舞でH4振りメガガルーラを確定で飛ばす火力。

特殊を起点に、竜の舞を積んでいく。

メガ前は威嚇もまけるため、物理・特殊問わず積極的に後出しをしていった。
かなり、耐久面では信頼性が高く選出率も文句なしのNo.1でした!

空元気と捨て身の両立が珍しいポイント。
最初は空元気と地震にしていたが、地震を打つぐらいの相手なら
起点にする、もしくは引かざるを得ないという状況に多く出くわしたことから
両立となった。個人的にはこれが一番使いやすく、状況に技を打ち分けできる
のがよかったです(こなみ)

マンムー@突撃チョッキ いじっぱり

f:id:this-is-anfield-ynwa7:20160518201954g:plain

実数値:187(12)-183(132)-101(4)-×-112(252)-114(108)

技構成:地震/じわれ/つららばり/氷の礫

特性:あつい脂肪

ボーマンダとの相性保管枠。マンダマンムーといいながら、あまり選出はなかった。

ボルトやサンダー、受けループへの崩しとして使用。

Sはここ風スイクンでありがちな113抜き調整。

残りを特防・あまりを攻撃にといった努力値

こいつが後ろにいると思われるせいか、ボルトにはよく交換読みで

気合いボールや草結びを打たれた。

ロトム(ウォッシュ)@こだわり眼鏡 控えめ

f:id:this-is-anfield-ynwa7:20160518202807g:plain

実数値:157(252)-x-127(0)-170(228)-128(4)-108(20)

技構成:イドンプ/ボルトチェンジ/10万ボルト/トリック

特性:浮遊

ダウンロード対策とSにちょっと振った以外はHCのロトム

初手、もしくは交換読み交換で有利な対面を作り、負担をかけていく。

ハドンプをたまに外すのはごあいきょう。

トリックについてはあまり打つ機会がなく、めざパでもよかったきがしてます。

ナットレイゴツゴツメット のんき

f:id:this-is-anfield-ynwa7:20160518203440g:plain

実数値:181(252)-118(28)-198(228)-×-136(0)-22(0)・・・最遅

技構成:ジャイロボール/宿り木のたね/でんじは/ステロ

特性:てつのとげ

パーティの起点づくり兼過労死枠兼クッション。

1700~1800代はホンチ持ちのガルーラが非常に多く、焼かれすぎて

この子の存在意義を疑った。

それでも一回触れてくれれば29%のHPをもっていってくれるいい奴。

1900代からはホンチ持ちが減ったが、ドンチガルーラも見られたことから

ガルーラに役割を持つことが非常に厳しいと感じた。

当初はアヘアヘにしてまひるみさいこぉぉぉぉ!としていたが、ガブリアスへの

打点に乏しくなるため、でんじはジャイロという謎な技構成となった。

 

ニンフィア@カゴのみ ひかえめ

f:id:this-is-anfield-ynwa7:20160518204322g:plain

実数値:188(140)-x-97(92)-177(248)-151(8)-83(20)

技構成:ハイパーボイス/めざパ(地面)/瞑想/眠る

特性:フェアリースキン

最後に入ってきた新入り。

もともとは眼鏡個体しかもっていなかったため、その流用。

陽気鉢巻ガブリアス(そんなんいんのか)の地震まで確定耐え。

60族ミラー意識でSに多少振って残りをHCといった構成。

クレセドランが多く見られたため、その並びを崩すために

めざぱ地面を採用した(もってた個体がたまたまそうだった)

サザンへの後出し安定感パナイ。

メガバシャーモバシャーモナイト いじっぱり

f:id:this-is-anfield-ynwa7:20160518205131g:plain

実数値:165(76)-233(252)-101(4)-×-102(12)-141(164)

技構成:フレイブ/飛び膝蹴り/叩き落とす/守る

特性:加速

ポリクチへの回答として、パーティに入ってきた子。

選出は限定的であったが、出したら高確率で活躍してくれました。

努力値はAぶっぱ、Sを準速ドリュ抜き、DL対策をして残りHといった感じ。

最後まで叩き落とすスペースには迷った。

ギャラとマリルリの受けだしを多少許さないナンチや剣舞も考えたが

教え技を消すのはもったいないと感じてそのままにした()

 

基本選出

 マンダ+ナット+ロトム

(マンダマンムーとは)

マンダを軸に、対戦相手に応じて残り2体の選出を決めるわかりやすいパーティ。

ポリクチ等のパーティにはバシャナットでいくことが多かったです。

 

総括

今期は170戦潜っており、ORAS環境では最も潜ったシーズンとなりました。

いつもはレートが少しでも溶けると

もぅマヂムリ・・・ラスカしょ・・・とベッドインすることが多かったのですが

今期はレートが溶けてもなぜかめげずに頑張りました。

一緒にポケモンをしてくれる仲間がいたからだと思います(真面目)

全体的にアローを誘うパーティになっていますが、うまく誘って

鬼火読みでボーマンダや、眼鏡ロトムを合わせてうまいこと相手のパーティに

負担をかけることができたことから、アロー入りのパーティへの勝率は高かったです。

しかし、高レートにあがるほどボーマンダ入りが少なくなっており、環境には

適さないパーティだったのかもしれません。

受けまわすパーティのため、どうしても状態以上をもらいやすく運負けすることが

多かったです。

最後になりましたが、対戦してくださった方、ありがとうございました!

 

S16はメガガルーラ使います。